Google

2013年6月19日水曜日

書評:開眼! JavaScript

銀行さんと打ち合わせの後、ヨドバシ7F有隣堂に移動。
今日入荷したばかりの本をかっさらって帰社しました。(ちゃんと買いましたのでご安心を)


オライリーの新刊です。
同社の本としては薄めかつ小さめの分類に属するタイプです。
価格は¥2,200でした。

JavaScriptをフレームワークや仕様の枝葉末節で解説する本は多いのですが、インタプリタの動きや内部でのメモリ構成などを短くまとめてくれている本がなかったので、後学のためにとても良い内容です。
C++好きな私としては、JSでいつも気持ち悪い構文を書くのが困りものだったのですが、この本で内部処理がわかってきたのでだいぶ好きになれた感があります。
なぜこのような動きをするのか?が謎だったりした方には非常におすすめ。
この先を知りたい場合はECMAScriptの言語仕様かソースを読むしかないかもしれません。

ご参考まで。

2013年6月16日日曜日

父の日にあひる

プレゼントを家族から頂きました。

アヒル好きな私にピッタリなスワロ製のあひるさん!
横にあるのはラピスの原石。
角度を変えて撮影。
スワロの手提げ袋もちゃんとありました。
しばらく神棚近辺に鎮座して頂きます。
久しぶりのあひるさんグッズに年甲斐もなく喜んでしまいました。
家族に感謝。

2013年6月13日木曜日

Avast先生ご乱心の巻

今日になって、起動時にふと右下に目をやって気づきました。




なんぞこれ、、、、。

ふと、バイドゥのアレを思い出しました。

こっちは拾い物の画像。

どのメーカも今後こういう手で来るってことでしょうか。
まだアバスト先生は泣かないだけマシなんですけど、Unityと相性悪いし。


06/14:追記

本日のPC起動時の画像。


あれ、、、、、もとに戻した?

2013年6月8日土曜日

ガンダムカップヌードル3種お買い上げ

スーパーで見つけたので買ってきました。

スーパーでは人気ないのかまだ山積み 
ガンダムカレー
ザクグリーンカレー
シャアゲルレッドカレー
 こうして見ると、円形のランナーって珍しい気が。

プラモを取ったあとの蓋
愚息が1体につき5分のスピード勝負で作ってくれました。
取っ手と手首が合体したやかんが差し替えパーツ。
どうでもいいんですが、手首も含め、ザクもゲルも全部クリアーイエロー。
ゲルは薙刀が差し替えです。
味はいつものカップヌードルなので安心といえば安心。

いつもこのシリーズは楽しいんですが、なんかリピートする気になりませんw

2013年6月6日木曜日

Unity:GetThreadContextでのエラー

Unityの技術系記事は久々。
作るのを辞めた訳じゃなく、実はプラグインを開発してました。
弊社はプラグイン開発も可能ですのでお見知り置きを。

ってそれはどうでもよくて、最近自分じゃなくて社員とかのPCで良く見るエラーについて少々。

このエラーの再現度はまちまちです。
エディタ上でテスト動作させていると突然、

 「Fatal error in gc: GetThreadContext failed」

とか一言書かれた小さいダイアログ。
赤いバッテンマークでOKのみ。
押した後は必ずクラッシュしてしまいます。
何度か今までも出ていたものの、たまにしか出ないので無視してました。

が、作業データが消えて効率悪いので、いい加減リサーチすることに。
ざざっと見て出てくるのはWin7 74bit、Avast、ESET辺りで相性が悪いという情報。
確かにそのPCはこういうスペックと構成。

 Windows7 64-bit
 Unity3.5.x
 Avast

確かにバッチリなのでスキャン対象からUnityを外して、、、、ってあれ、既に対象から外れているのに現象が出ています。
スキャン対象外としているのはここ。



どうやら、相当前に自分でやった作業を忘れていたのかも。

さらにググるとこんな記事も。

Unity Community
http://forum.unity3d.com/threads/172759-Unity-4-0-1f2-and-avast-8-0-1482-quot-getThreadContextfailed-quot-error/page3

Unity4でも出ているらしく、あちこちで困っているようです。
内容を読むに、UnityでもAvastでもESETでもなく、Monoエンジンのコアにスレッドセーフ関連の問題があるそうで。
アンチウイルスを別のものにしても良いそうなんですが面倒。

対策としてはmono.dllを置き換えると良いのだそうです。

https://docs.google.com/a/unity3d.com/file/d/0Bz4rtnpF8SvMNm0tLUpRdUxrVzA/edit

上のアドレスが直リンクのmono.dll。
これを、以下の場所に置いて書き換えるとの事。

 (Unityのインストール先)\Editor\Data\Mono\EmbedRuntime\

これはUnity4.1でのみ対処可能なdllらしく、他での保証は無いみたいですね。
セキュリティもどうなるやら。

もう1点、Windows7が安定してるのを良い事に、良くスリープ復帰させています。
これも中で何が起きているのかわかりませんが、発生頻度を上げるようです。

どうもUnity3.5での挙動も含め解決になってないので、このdllを含め、今後再度検証予定。

2013年6月5日水曜日

Raspberry Pi:スパコンを作ってみ、、、ませんでした

作れって言われたって個人的には無理。
でも作った人がいるようですね。
まるでPS3並べてスパコン化した米軍を思い出させます。

http://coen.boisestate.edu/ece/raspberry-pi/

右側の写真がそれ。

作り方やコスト、性能のpdfは以下にあります。
http://coen.boisestate.edu/ece/files/2013/05/Creating.a.Raspberry.Pi-Based.Beowulf.Cluster_v2.pdf

仕様を見ると実機の数(ノード)は32。
マスターとして更に実機が1個あるので合計33。
LANで繋いているだめ、全てModel B、スイッチも48個ポートを使っている模様。
ストレージは各実機に8GB、class10を挿しているようです。
実機と周辺機器だけでは当然駄目で、制御用に幾つか機材を使っていますが、合計で$2000未満だそうです。

記事やpdfには細かいベンチマークの結果がまだ掲載されて無いように思えるのですが、これでテスト計算とかやらせて実力を見てみたいものです。

ちなみに写真で見える赤いのは専用のファン。LEDで光ってます。
しかし発想と実行力が素晴らしいですね。

2013年6月3日月曜日

MH4予約開始

モンハンが予約開始されたようですが、イーカプコンは相変わらずこれ。

e-CAPCOM
http://www.e-capcom.com/
毎度毎度鬱陶しい。
モンハンの時だけサーバ増強とかしてほしいんですが。

そのうち緩和されるのでしょうが、通知メールが来て見に行くとこれなのはさすがに勘弁してほしいところ。

以下のサイトは見れていて、購入可能な模様。
公式とか限定を気にしないならヨドバシという手があるかと。

イーカプコン楽天市場店
http://www.rakuten.ne.jp/gold/capcom/

ヨドバシ.com
http://www.yodobashi.com/%E3%82%AB%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%B3-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC4-3DS%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88/pd/100000001001772491/


今回もプレイ予定ですが、、、、仕事が、、、。

2013年6月1日土曜日

Unity:円安値上げ&駆け込みキャンペーン

昨日の公式リリース情報から。

Unity、2013年7月1日よりUnity Pro他の日本販売価格を改定
http://japan.unity3d.com/blog/press/2013/05/31/unityprice/

一緒に開催する「さよなら円高/最終駆け込みキャンペーン」も含めて、一気にここで更なるシェア獲得を狙うようです。
chromeで見てると価格改訂一覧がなんかずれて見づらいので再掲。
かつ画像にしてみました。


改めて見ると結構な差分です。
まとめ買いで10%というのも魅力ですが、そこそこの規模の会社じゃないとorz

あと、これに関係する話を1点。
以前弊社でUnity3.5.xのPro版からUnity4のPro版にアップした際の話。
当時、4にした時、旧バージョンのライセンスがどうなるのか、正直不安でした。
私のPC構成はこんな感じ。

 Win:Unity3.5 : Android用
 MacBook:Unity3.5 : iOS用

この状態だったのですが、Winはいいとして、MacはXCodeを含めた綺麗な環境で3.5を残しサポート等に使用したいという懸念次項がありました。
仕事でiOS優先だったという事情もありました。

なので、Macをもう1台購入し、そちらにUnity4をインストールし、古いものもそのまま問題なく使用可能なのかどうか。
たまに事実上駄目だったりする商品もあるので非常に気になり、Unityのサポートに質問を投げた処、、、

 Unity3とUnity4でそれぞれ2台ずつアクティベート可能
 但し同一ユーザであることが条件

という返事を頂き、これを聞いた瞬間にポチりました。
そもそもUnityProを使うのは私だけだったので何も問題ありません。
ライセンス条項を呼んでも微妙な部分があったので確認したのですが、こういう事のようです。
無理に同じマシンに入れてもいいのでしょうが、XCodeのバージョン相違、またはその共存等、別の問題はあります。

ですが個人や限られた担当者で開発されている場合はとても嬉しい方式です。
ちなみに今回のキャンペーンは6月末まで。
必要とされる方は急いで検討しましょう。