Google

2012年12月31日月曜日

CookooWatch:ペアリングトラブル対応

CooKooWatchを使って数日。
なかなか便利でiOS搭載時計が欲しいと感じてしまったりします。w
本体側の電池の持ちはそこそこ。
BlueTooth4.0の電池消費が少ないというのは本当のようで、以前使用していたBTヘッドセットよりも減りが少ないのは確実です。

あ、iPhoneをポケットにいれた状態でも、たまにピッピと解除音がなる時があります。
iPhoneが一定距離以上離れて置き忘れを防止する機能なんですが、やっぱり電波が多すぎる場所だと完璧ではないんでしょうね。

ということで2012年最後の記事はペアリング時のトラブル対応。
実は購入時のペアリング実験最中、何度やってもペアリングが完了しないというトラブルに見舞われました。
デバイスは見つかって、自動でペアリングが終わらないので手動でやろうとすると100%失敗するというものです。
ペアリングの確認ダイアログも一瞬で消えてしまい、頑張って即押ししても失敗するという有様。
これを解決する方法です。

やり方は簡単。
iPhoneの設定からBlueToothをひらきましょう。

これは設定された状態。
失敗する場合は接続済みとなっています。
ここから右矢印の丸ボタンを押し、右側にドリルダウンします。

ここで一旦解除しましょう。
はい、これだけです。
この状態から再度ペアリングを試みるだけです。
一旦ペアリングしたデバイスの状態が変化して問題が起きた場合、iOSにペアリング設定されている登録情報を丸ごと消さないとダメなようです。
これで解決するまでに実験してみた事一覧はこれ。

  • CooKooアプリの再起動
  • アプリから機能のリセット等
  • iOSの電源入れ直し
  • iOSバージョンアップ(6.0.1→6.0.2)
  • その他色々いじくりまわし

ペアリング問題で困っているかたはお試しください。
ご参考まで。

2012年の記事はこれで完了です。
お世話になった皆様本当にありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

2012年12月27日木曜日

Cookoo Watch開封の儀

以前の記事で紹介した「Cookoo」腕時計。
注文後、やっと届きました。アプリも配信開始されてます。
これで夢のBlueTooh生活開始だー。

ということで早速開封です。

小包が郵便で到着。
割れ物注意だそうです。
中身はこんだけ。すっかすかw
さすがに納品書はねじれてました。
多分日本がやると梱包材で埋め尽くすんでしょうね。
中身は夏に注文してやっと届いたBT4.0腕時計です。
ぶら下がってるタグは説明書。
梱包がおしゃれ。
商品名はカッコーなので、鳩時計がモチーフでしょうか。
これが反対側。
日本語のタグ説明も入ってます。
でも日本人のスタッフに一度見てもらったほうが、、、。
開け方は独特。
背面から床面に張ってあるシールを下から剥がします。
するとシールにくっついてる中身が抜き出せます。
取り出すと今度は下に丸いシールが。
取り出すためにはこれも剥がします。
左にねじると取れますとのこと。
はい、ぽこっと取れました。
後は外すだけです。
梱包物一覧。
説明書にはやっぱりカタコトの日本語も入ってます。
実際に見ると本体の大きさに対してバンドが細めです。
肌に触れる部分はマットなゴム素材。
横から見ると結構分厚いのがわかります。
でも高機能時計として見るなら軽いほうかも。
さて、取り出したらまずはアプリを準備。
この腕時計はBlueTooh4.0でスマホと同期し、情報を転送してくれます。
今回はiOS版でおこなってみました。
ちなみにiOSは5以上、4S以上かiPad第3世代以上である必要があります。
ダウンロードはこちらになります。

Cookooo Time to Connect
https://itunes.apple.com/us/app/cookoo-time-to-connect/id569014243?mt=8

無料なのでこちらは問題なし。
これをiOSに入れます。
完了したらここからペアリング開始。
こんな感じでインストールされます。
起動すると色々求められます。
通知するアプリなんで全部OKにしてしまいます。

アプリが起動したら、腕時計本体の左下のボタンを6秒長押しします。
これでペアリングが行われます。
やってみると「ピッ!」と「ブルッ!」の音と振動がよく通って少々びっくり。
これぐらいでないと都心で歩いている最中には気づきにくいのかも。
時計のデバイスを見つけた状態。
これが同期した状態。
腕につけると結構しっくりきます。
とりあえず今回はここまで。
使い込み記事等を今後書いていきます。

余談ですが、既に届いた状態で日本標準時に合わせてありました。
行き届いたサービスでとても良い印象です。

2012年12月22日土曜日

ガンダムオンラインが起動しない件

最近ちょっと気になった「ガンダムオンライン」。
52vs52のアクション戦MMOという、MMOとしては新しめのジャンルで楽しいです。


たまに遊んでたのですが、OBTになってランチャが導入された途端、本体が起動しなくなるという不具合が。
ランチャ自体は起動しても、本体起動が失敗するというケースが多いようです。
(ひどい時はエラーメッセージもでずに画面になにも出なかったり)
ご多分にもれず、私の環境でもそうでした。

私の環境で遭遇したエラーは「025-391-042」。
これを遊ぼうとしていた環境ですが、こんな感じ。

 Windows7 64bit Mem8GB i7-3770 GTX 570

開発用なんで高めのスペックです。
この手のMMOはゲームガードを掛けるのが普通ですが、オプションの組み合わせで予想しないエラーになることが多いのでかなり神経質にテストしなければなりません。
しかし実際はバンナムからの解決方法は月並みな感じ。
で、一応私の環境に近い場合の解決方法を書いておきます。
セキュリティ系アプリの設定は種類によって違うので、各自参照して下さい。
この方法でもダメな可能性ももちろんあるのですが、結論は「UAC」と「FW」と「Windows Defende」と「GDI+」あたりじゃないかと。

インストール前:
  • DirectX9.0cを最新版に更新
  • 一旦アンチウイルスを無効化(念のため)
  • 一旦ファイアウォールも無効化(念のため)
  • 公式から落としたインストーラを管理者権限で実行。
  • インストール先はUACの影響が及ばない場所なら基本どこでもいい
(要はC:¥Program FilesとかC:¥Program Files(x86)は避けること)

ランチャインストール完了後:
  • ランチャの管理者権限をオンにして実行。
  • ガンダムオンライン本体インストーラを実行。
  • この時のインストール先もランチャと同様。
  • ランチャと同じでも別でもUACが絡まなければOK。
  • インストールが終わったらgundamonline.exeを管理者権限オンにしておく。
(アップデートだけはしても構わない。)

初回起動前:
  • アンチウイルス系にファイルシールドがあるなら、例外対象のオプションを探す。
  • ファイアウォールも例外のオプションを探す。
  • ランチャとガンダムオンライン本体のexeを上記の例外に入れる。
  • Windows Defenderの対象外ファイル設定に、ランチャと本体exeを登録する。
これらを設定したらアンチウイルスやファイアウォールをオンにしてもかまいません。
FW系はオフにしてもサービスが生き残っていて厳しく管理するタイプがあるのでそこは注意して下さい。
Vistaもこれに近い感じでいける可能性があります。
XPの場合はUACとdefender辺りを抜いてやってみて下さい。

ご参考まで。

2012年12月11日火曜日

とびだせどうぶつの森

ここんとこ忙しいので、合間の数少ない楽しみです。
村の名前は「ねこごろごろ村」。
ネコと和解おヌコさまがごろごろできる心地良い村を目指し、夜更かし条例出してます。

某和解すべきあの看板も!www
持ち帰り可能です。
村長が仮面ライダーの服着てたり、ふざけた看板とかを作ってますw

部屋はおもちゃ箱。奥の部屋にはおヌコ様の怖い祭壇がw
喫茶店が運営済み。
ヌコの村旗
お花は噴水と水辺に全て集中
ねこごろごろ村の夢番地は「1700-0159-0766」です。
よろしければ暇つぶしにどうぞ。

2012年12月6日木曜日

BlueTooth4対応腕時計 Cokoo

今年の中盤位に話題に上がったBT腕時計「Cookoo」。


カンパの出資金額はとっくにクリアできたようなのに、アプリも実機も販売&配送される兆しが全然なかったので心配してました。
ここのコミュニティの情報だと、どうやらAppStore審査とAndroidOSの問題で、ソフト側がずっと止まっていた模様。

が、ここの記事によると、今日12/5にやっとAppStoreが「Ready for Sale」になった模様。
カシオも似たコンセプトの機種出してますが、個人的にはこっちが楽しみです。

これをきっかけに日本の時計メーカーもBT4対応時計を増やしてくれるといいですね。
さて、首を長くして待ちますか、、、。