Google

2012年12月31日月曜日

CookooWatch:ペアリングトラブル対応

CooKooWatchを使って数日。
なかなか便利でiOS搭載時計が欲しいと感じてしまったりします。w
本体側の電池の持ちはそこそこ。
BlueTooth4.0の電池消費が少ないというのは本当のようで、以前使用していたBTヘッドセットよりも減りが少ないのは確実です。

あ、iPhoneをポケットにいれた状態でも、たまにピッピと解除音がなる時があります。
iPhoneが一定距離以上離れて置き忘れを防止する機能なんですが、やっぱり電波が多すぎる場所だと完璧ではないんでしょうね。

ということで2012年最後の記事はペアリング時のトラブル対応。
実は購入時のペアリング実験最中、何度やってもペアリングが完了しないというトラブルに見舞われました。
デバイスは見つかって、自動でペアリングが終わらないので手動でやろうとすると100%失敗するというものです。
ペアリングの確認ダイアログも一瞬で消えてしまい、頑張って即押ししても失敗するという有様。
これを解決する方法です。

やり方は簡単。
iPhoneの設定からBlueToothをひらきましょう。

これは設定された状態。
失敗する場合は接続済みとなっています。
ここから右矢印の丸ボタンを押し、右側にドリルダウンします。

ここで一旦解除しましょう。
はい、これだけです。
この状態から再度ペアリングを試みるだけです。
一旦ペアリングしたデバイスの状態が変化して問題が起きた場合、iOSにペアリング設定されている登録情報を丸ごと消さないとダメなようです。
これで解決するまでに実験してみた事一覧はこれ。

  • CooKooアプリの再起動
  • アプリから機能のリセット等
  • iOSの電源入れ直し
  • iOSバージョンアップ(6.0.1→6.0.2)
  • その他色々いじくりまわし

ペアリング問題で困っているかたはお試しください。
ご参考まで。

2012年の記事はこれで完了です。
お世話になった皆様本当にありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

2012年12月27日木曜日

Cookoo Watch開封の儀

以前の記事で紹介した「Cookoo」腕時計。
注文後、やっと届きました。アプリも配信開始されてます。
これで夢のBlueTooh生活開始だー。

ということで早速開封です。

小包が郵便で到着。
割れ物注意だそうです。
中身はこんだけ。すっかすかw
さすがに納品書はねじれてました。
多分日本がやると梱包材で埋め尽くすんでしょうね。
中身は夏に注文してやっと届いたBT4.0腕時計です。
ぶら下がってるタグは説明書。
梱包がおしゃれ。
商品名はカッコーなので、鳩時計がモチーフでしょうか。
これが反対側。
日本語のタグ説明も入ってます。
でも日本人のスタッフに一度見てもらったほうが、、、。
開け方は独特。
背面から床面に張ってあるシールを下から剥がします。
するとシールにくっついてる中身が抜き出せます。
取り出すと今度は下に丸いシールが。
取り出すためにはこれも剥がします。
左にねじると取れますとのこと。
はい、ぽこっと取れました。
後は外すだけです。
梱包物一覧。
説明書にはやっぱりカタコトの日本語も入ってます。
実際に見ると本体の大きさに対してバンドが細めです。
肌に触れる部分はマットなゴム素材。
横から見ると結構分厚いのがわかります。
でも高機能時計として見るなら軽いほうかも。
さて、取り出したらまずはアプリを準備。
この腕時計はBlueTooh4.0でスマホと同期し、情報を転送してくれます。
今回はiOS版でおこなってみました。
ちなみにiOSは5以上、4S以上かiPad第3世代以上である必要があります。
ダウンロードはこちらになります。

Cookooo Time to Connect
https://itunes.apple.com/us/app/cookoo-time-to-connect/id569014243?mt=8

無料なのでこちらは問題なし。
これをiOSに入れます。
完了したらここからペアリング開始。
こんな感じでインストールされます。
起動すると色々求められます。
通知するアプリなんで全部OKにしてしまいます。

アプリが起動したら、腕時計本体の左下のボタンを6秒長押しします。
これでペアリングが行われます。
やってみると「ピッ!」と「ブルッ!」の音と振動がよく通って少々びっくり。
これぐらいでないと都心で歩いている最中には気づきにくいのかも。
時計のデバイスを見つけた状態。
これが同期した状態。
腕につけると結構しっくりきます。
とりあえず今回はここまで。
使い込み記事等を今後書いていきます。

余談ですが、既に届いた状態で日本標準時に合わせてありました。
行き届いたサービスでとても良い印象です。

2012年12月22日土曜日

ガンダムオンラインが起動しない件

最近ちょっと気になった「ガンダムオンライン」。
52vs52のアクション戦MMOという、MMOとしては新しめのジャンルで楽しいです。


たまに遊んでたのですが、OBTになってランチャが導入された途端、本体が起動しなくなるという不具合が。
ランチャ自体は起動しても、本体起動が失敗するというケースが多いようです。
(ひどい時はエラーメッセージもでずに画面になにも出なかったり)
ご多分にもれず、私の環境でもそうでした。

私の環境で遭遇したエラーは「025-391-042」。
これを遊ぼうとしていた環境ですが、こんな感じ。

 Windows7 64bit Mem8GB i7-3770 GTX 570

開発用なんで高めのスペックです。
この手のMMOはゲームガードを掛けるのが普通ですが、オプションの組み合わせで予想しないエラーになることが多いのでかなり神経質にテストしなければなりません。
しかし実際はバンナムからの解決方法は月並みな感じ。
で、一応私の環境に近い場合の解決方法を書いておきます。
セキュリティ系アプリの設定は種類によって違うので、各自参照して下さい。
この方法でもダメな可能性ももちろんあるのですが、結論は「UAC」と「FW」と「Windows Defende」と「GDI+」あたりじゃないかと。

インストール前:
  • DirectX9.0cを最新版に更新
  • 一旦アンチウイルスを無効化(念のため)
  • 一旦ファイアウォールも無効化(念のため)
  • 公式から落としたインストーラを管理者権限で実行。
  • インストール先はUACの影響が及ばない場所なら基本どこでもいい
(要はC:¥Program FilesとかC:¥Program Files(x86)は避けること)

ランチャインストール完了後:
  • ランチャの管理者権限をオンにして実行。
  • ガンダムオンライン本体インストーラを実行。
  • この時のインストール先もランチャと同様。
  • ランチャと同じでも別でもUACが絡まなければOK。
  • インストールが終わったらgundamonline.exeを管理者権限オンにしておく。
(アップデートだけはしても構わない。)

初回起動前:
  • アンチウイルス系にファイルシールドがあるなら、例外対象のオプションを探す。
  • ファイアウォールも例外のオプションを探す。
  • ランチャとガンダムオンライン本体のexeを上記の例外に入れる。
  • Windows Defenderの対象外ファイル設定に、ランチャと本体exeを登録する。
これらを設定したらアンチウイルスやファイアウォールをオンにしてもかまいません。
FW系はオフにしてもサービスが生き残っていて厳しく管理するタイプがあるのでそこは注意して下さい。
Vistaもこれに近い感じでいける可能性があります。
XPの場合はUACとdefender辺りを抜いてやってみて下さい。

ご参考まで。

2012年12月11日火曜日

とびだせどうぶつの森

ここんとこ忙しいので、合間の数少ない楽しみです。
村の名前は「ねこごろごろ村」。
ネコと和解おヌコさまがごろごろできる心地良い村を目指し、夜更かし条例出してます。

某和解すべきあの看板も!www
持ち帰り可能です。
村長が仮面ライダーの服着てたり、ふざけた看板とかを作ってますw

部屋はおもちゃ箱。奥の部屋にはおヌコ様の怖い祭壇がw
喫茶店が運営済み。
ヌコの村旗
お花は噴水と水辺に全て集中
ねこごろごろ村の夢番地は「1700-0159-0766」です。
よろしければ暇つぶしにどうぞ。

2012年12月6日木曜日

BlueTooth4対応腕時計 Cokoo

今年の中盤位に話題に上がったBT腕時計「Cookoo」。


カンパの出資金額はとっくにクリアできたようなのに、アプリも実機も販売&配送される兆しが全然なかったので心配してました。
ここのコミュニティの情報だと、どうやらAppStore審査とAndroidOSの問題で、ソフト側がずっと止まっていた模様。

が、ここの記事によると、今日12/5にやっとAppStoreが「Ready for Sale」になった模様。
カシオも似たコンセプトの機種出してますが、個人的にはこっちが楽しみです。

これをきっかけに日本の時計メーカーもBT4対応時計を増やしてくれるといいですね。
さて、首を長くして待ちますか、、、。

2012年11月15日木曜日

Unity4正式版でました(まだ試してない)

正式版の発表がありました。



ダウンロードはこちらからできます。

  http://unity3d.com/unity/download/

日本のUnity公式も新しくなってました。



これから試します。

2012年11月14日水曜日

Unityでコインゲー開発:ジェスチャー処理

開発ノウハウで書き忘れていた内容を少々。
ユーザ操作でけっこうめんどくさい処理の一つがタッチ操作の検出。
スワイプとタップ、押しっぱなし等の操作をUnity標準機能で行う場合、よく使うのはこの方法ではないでしょうか。

  // Update()内で記述
  if (Input.GetMouseButtonDown(0)){
    // 指ダウン。
  }
  if (Input.GetMouseButtonUp(0)){
    // 指アップ。
  }

上記のコードにフラグ処理や位置判定、先日2DGUIのRayCast判定やY軸反転等の処理を施せば、簡単なマウス位置判定が可能です。
引数の0は複数の指に対応させるためのものであるため、1本のみの判定ならさほど難しい処理は必要ありません。

しかしこんな単純な処理は実際に使われることはあまりありません。
ピンチイン、アウト等の複数判定が要求に入り込むのがよくあるケースなのです。
自分で書いてみたりもしましたが、時間ばかり掛かって良い成果が出にくい、というのが現実だったため、実際に幾つかプラグインの助けを借りました。
今回の紹介はそのひとつ「FingerGestures」です。



この商品のAssetStoreはこちら
お値段は$55。円高なので\4,300位でしょうか。
WebPlayerのデモはこちらから見れます。
(普通のPCからだと複数タッチのデモは動作しません)
APIリストは公式のものがここにあります。

特徴としてはピンチ、スワイプ、回転等の操作判定をほぼ環境依存せずに検出できる点。
C#とJavaScriptの両方のコードを同梱している点などです。
(以前書きましたが、言語混在はヤバいのでどちらか片方で統一は必須です)

ダウン、アップ、マウスダウン維持の検出もラッパされて簡単に使えます。
ピンチやスワイプ検出もとても良い機能でしたが、プロジェクトにおいて最も役立ったのは指の移動検出機能でした。
前述のデモから、1 - Basic Mode Samples→ 2 - Finger Moveで試せます。

こんな感じで判定ができます。
実機だと指が早すぎる場合、途中の反転が取れなかったりしますが、人間がよく指で操作する上図のような判定には持って来いです。
このデモは本体にもついてくるので、このデモシーンを実機に落とすと複数タッチを試すことができます。

商品なので今回はサンプルなしですが、結構しっかりしたプラグインです。
自前タップ処理で時間を掛ける前に検討してみては如何でしょうか。

2012年11月7日水曜日

Amazonで電子書籍を購入してみた(否Kindle)

キンドルが発売開始されたり安売り合戦したりしてますが、どうにもこうにも今ひとつ実機を買う気がおきません。
しかし電子書籍自体は好きなので、アマゾンで買ってみる事にしました。
ちなみにファイルを譲渡するわけではなく、読む権利だけを渡す形式です。
クラウドに保存して取り出す仕組みはいいのですが、ガチガチすぎるのも嫌ですね。

今回の材料:
  アマゾンの垢・・・・・・・1個
  iPhone5・・・・・・・・・・・1個
  アマゾンアプリ・・・・・・1個
  お金・・・・・・・・・・・・・・少々
 
まずiPhone5からアマゾンアプリを立ち上げてみます。
今回購入するのは昔家内から教えて貰ってファンになったマキャベリの本。

Kindleストアで検索すると2件しかありませんでした。

結構いい値段しますね。
しかしページ数も多いのでこんなもんでしょう。
なんと、アマゾンアプリから購入できないとな!!
早く改善して欲しいところです。
仕方なくほしいものリストに一旦登録。
Safariをわざわざ立ち上げます。(´・ω・`)
そしてSafariから改めてアマゾンにログイン。
ほしい物リストから探します。
即購入扱いになるようです。
機種判定もできてます。
他の機種も可能なのかとおもいきや、これしかありませんでした。
1クリックでポチります。
あっけなく完了。
ここからアプリ連携でキンドルアプリも機動できます。 
たちあげてみるとダウンロードが開始されました。
このアプリからログインしてないとダメですが。
これは配置をアイコン型に変更したところ。
本の表紙で一覧が見れます。
完了。
無いものはクラウドからダウンしてくる形式です。
先ほどのリスト表示にしたところ。
内容は転載など一切ダメと書いてあったので出せません。
文字だけですし出す必要もないんですけどね。
ということでiPhone5で普通に読めました。
キンドルほど大きくはありませんが、今まで定期購読アプリ等で読めていた人なら問題も無いかと思います。
これで実機を購入すればそっちでも読めるはずです。(1人5台まで認識)
購入形式がちょっとアレですが、そんなに悪くはありません。

2012年11月5日月曜日

Unity:iPad mini判定

今回はiPad mini関連の話。
少し前にUnityコミュで挙がった記事をご紹介。

  Unity’s ready for the iPad4 and new iPad Mini!

iPad miniが出て大分iOS陣営も種類が増えてきたので、その判定方法の内容です。
Unityで開発する場合にdpiの変化によって表現の質が大きく変わるので、クオリティ重視型のアプリなら必要になるのではないでしょうか。

そのやり方ですが、この記事ではUnity用の判定プラグインを提供しています。
(直リンなんでできればコミュから落とした方がいいかも)

  iOSInfoPlugin_for_Unity_3_5_6

zipを解凍するとunitypackageファイルが出てきます。
後はダブルクリックなり、インポートなりでイントール完了です。
(メニューからの場合は、[Assets]→[Import Package]→[Custom Package]でファイル選択)

ちなみに3.5.6専用でロアーコンパチではありませんのでご注意を。
また、Unityプラグインはシステム全体に影響するわけではないので、必要に応じてプロジェクト単位でイントールしなければなりません。

このプラグイン、以下のような情報取得変数が準備されているので実装も簡単です。

 iOSInfo.isIPadMini
 iOSInfo.isIPad4Gen
 iOSInfo.dpi
 iOSInfo.GetDeviceModel()


実際にはこんなコードで判定できます。(コミュからのまんまパクリですが)

if (iPhone.generation == iPhoneGeneration.iPad2Gen || iOSInfo.isIPad4Gen)
{
// Enable some awesome feature
}
まあ、人の褌で相撲をとっても仕方ないので紹介はこのへんで。
中身はシンプルでしたが、その他の細かい実装は各自リンク先でお確かめ下さい。

2012年11月4日日曜日

Unityでコインゲー開発:過去バージョンの問題

今回開発時にやっかりだった点の一つ、バージョン管理について。
とはいってもAssetServerのことじゃありません、Unity自身のバージョンです。

まずUnityのプロジェクトファイルは当たり前ですがアッパーコンパチです。
新しいバージョンが出たら古いものが再構築され使えるようになりますが、古いUnity環境にそれを持っていくとどうなるか。
実際に遭遇したケースはこれのどれかでした。

  • なんとか読める
  • 警告が出て読み込みに失敗する
  • いきなりローダーが止まって何も起こらない

こうなるのはこの手のIDEでは当たり前なので、現場ではこんなことをしています。

  • 人柱専用のUnity環境を1台準備しておく
  • 最新が出たらそのPCで徹底検証
  • 移行OKが出たら、切りが良い日時を決める
  • 全員で一斉にアップデート
  • 人柱PCからプロジェクトをAssetServerにコミット

こうすることで、バージョン相違に起因する問題を最小限にできていた訳です。
しかし!お客さんに納品する際、必ずしもそこが最新を使うとは限らないケースもしばしば。
そんな時はクリーンアンインストールしないといけません。

が、その古いバージョンのインストーラが無ければそんなことすらできません。
というわけで古いUnityが必要になったりすることもあると思うのですが、いざ探すと明示的にアドレスがなかったりします。

実は公式サイトにはまだファイルは結構残っているようですので、必要に応じてダウンロードするということが可能です。
種を明かせば簡単で、いつもの最新版ダウンロード先の名称を変えるだけw

Windows版のダウンロードはこちら。

  http://download.unity3d.com/download_unity/UnitySetup-x.x.x.exe

注意!上記のURLは正しくありません。
バージョンに共通したフォーマットになっています。
例えば3.5.2が欲しければ末尾のファイル名の部分をUnitySetup-3.5.2.exeに変更したアドレスでアクセスして下さい。

Mac版はここです。

  http://download.unity3d.com/download_unity/unity-x.x.x.dmg

これもそのままでは使えないURLなので、例えば3.5.2なら最後のファイル名をunity-3.5.2.dmgという文字列に変更して下さい。

アドレスが正しくないとこんな画面になります。

注意事項:
この方法はいつまで通用するか解りません。
どこまで古いバージョンが残っているかは保証できません。
また、古いバージョンをダウンロード、使用したことによる一切責任も取れません。

1/31 補足:
http://unity3d.com/unity/download/archive
ここに過去のバージョン、ビルトインシェーダ一式があります。
こちらの方がわかりやすいかと。

2012年10月31日水曜日

室内ドアの修理が面倒だった件

今回は技術と全く関係ない話です。
長年使ってた室内ドアが突然故障しました。

ノブを回しても戻しても横にある斜めの出っ張りがでないなーと思ったら、金属疲労て中のパーツが壊れてしまってました。
この忙しい時期にあーめんどくさいと思ったのですが、自前修理を決行。

まずは近所のホームセンターで部品を調達。
どうやらこの中の部品はレバー用ラッチと言うんだそうです。

ドアは川口技研互換のものがほとんど。
現物を持って行って一番近い形のものを購入。
取り外したドアノブの固定枠。これは交換しません。
ドアノブ。古いけどそのまま使います。
両側でつないでネジ止めするタイプでした。
今回活躍した器具。
ネジ穴を作れるドライバー
ネジの滑り止め液
斜めになってるやつ。
今回はこれがおかしかった。
とはいっても壊れたのはこのパーツじゃありません。
中の引っ掛かりの部分が壊れていたのでした。
購入したノブの中身をドアに半端に差し込んでみた状態。
新しいのを買ったら真ん中がプラスチックでした。
はめ込んだところ。
サイズは規格があるので普通の家なら問題ないようです。
ここから枠を戻します。
無事完了。
ラッチは蓋をかけてネジで止めます。
実はこの斜めのパーツは左右どちらがわでも対応可能。
掛かった金額はノブの中身だけで千円ちょい程度。
特に作業も難しくないのですが、面倒なことは面倒でした。
業者さんに頼むと高いんでしょうかね、、。